in the groove, アリオ北砂店 邑田さんにインタビュー

2019.7.8
  • facebook

【MOBAREKI INTERVIEW #21】
ナチュラルでベーシックなデイリーウェアを提供するセレクトショップ、株式会社インザグルーヴ様。自分の部屋に気のあう仲間が集まるように
気軽に立ち寄っていただけて、スタッフとグルーヴ(楽しむ)できるお店づくりを心がけています。
そんなお客様の1週間のウォークイン・クローゼットでありたい”という想いのin the goove, アリオ北砂店 邑田(おだ)さんにインタビュー!



邑田(おだ) さやかさんプロフィール

[現在の役職]:販売員(アリオ北砂店) ※時短社員

[最終学歴から入社までの経緯]:4年制大学卒業後、2007年新卒採用で入社

[1日のスケジュール]

09:30 出勤 掃除、店頭整理、オープン準備
10:00 開店 店頭業務(接客・品出し・ディスプレイ作り)
13:00 1時間休憩
14:00 店頭業務(接客・ストック整理・品出し・雑務)
17:00 引き継ぎ業務・退社


――in the grooveで働くきっかけを教えてください

実は、就職活動当初は、アパレル以外の会社を受けていました。しかし就職活動をしていく中で、やはりお客様と直接触れ合える仕事をしたいと思うようになりました。
そんな中で、インザグルーヴのスタッフはとても楽しそうにお客様と触れ合っていて、社長の考え方にも感銘を受け、ここで働きたいと思うようになりました。

――就職活動当初はアパレル以外の会社を受けていたんですね。実際、アパレルで働いてみてどうですか?

人と人との距離が近く、とても風通しの良い社風なので、社員、アルバイトやパートなど雇用体系関係なく、意見が言いやすいと思っています。お店もショッピングモール内にあるので常連さんも多く気軽にお声がけしていただけるので、初めは接客に不安を抱いてましたが、毎日とても楽しく働けています。

――人と人との距離が近いのは魅力的ですね!お仕事をする中で嬉しかったことや、逆に大変だったことがあれば教えてください

嬉しかったことは、以前接客したお客様がまた会いに来てくださったことです。お勧めして購入してくださった洋服を気に入ってくださっているお話をきけたり、またコーディネートをお任せしていただける機会も多々あり、とても嬉しく思っています。
そんなとき、直接「ありがとう」と笑顔で言っていただけるこのお仕事が大好きだなぁと改めて実感します。
大変なことはセールです。準備も大変ですが、セール期間中は声が枯れてしまったり、やはり体力的には大変です。しかし、その分多くのお客様が来店してくださり盛り上がりますし、スタッフ同士のチームワークもとても良くなる機会でもあります。楽しい気持ちの方が勝っているので大変な分やりがいを感じています。

――邑田さんは時短社員とお伺いしましたが、実際時短でお仕事されてみてどうですか?

ご来店されるお客様の中には、お子さまがいらっしゃる方も多いので、共通の話題も有り共感できることも沢山あるので、接客の際にママであることがとても強みになる場面が多いです。時短でも責任のある仕事を任せてもらえるので、とてもやりがいを感じています。

――時短でも変わらず活躍できる環境、素晴らしいですね。お仕事をするうえで心がけていることがあれば教えてください

お客様1人1人によりそった接客をすることを心がけています。それぞれ似合うもの、着たいものが違う中、そのお客様がより素敵になる様にしっかりヒアリングした上でご提案するよう心がけています。お洋服を選ぶ上で不安なこと、気になっていることも気軽に話してもらえるような空気感も大切にしています。




――最後に、いま興味があることや注目していること、休日の過ごし方などライフスタイルについて教えてください

いま興味があることは、SNSで見つけた子連れでも行けるカフェやごはんやさんへ実際に行き開拓していくことです。あとはキャンプ・グランピングにも興味が有り挑戦したいと思っています。子どもも大人も両方楽しめることをしたいです!
休日は午前中は家事に追われがちですが、午後は子どもと公園やショッピングにでかけたり、家で一緒にお菓子作りをしたりします。時には子どもを主人や母にお願いして、友人とライブに行ったり、おいしいごはんを食べに行きストレス発散もしています。平日休みにはお1人様を満喫することもあります。


――休日にリフレッシュできると仕事も頑張れますよね!ありがとうございました!