POU DOU DOU ペリエ千葉店 スタッフ 石澤さんへインタビュー

2019.2.26
  • facebook

【MOBAREKI INTERVIEW #12】
株式会社クー様のブランド、「POU DOU DOU」は、「ひと手間加えた存在感のある「日常着」 いつまでもときめきとかわいいを忘れない方への愛着を持てるワードローブ」をコンセプトに全国展開する「唯一無二のゆるふわブランド」。
今回は2018年に新卒入社したPOU DOU DOU ペリエ千葉店の石沢さんへインタビュー!


石澤 奈緒子さんプロフィール
勤続年数:1年(2018年新卒)
現在の役職:ショップスタッフ
入社までの経緯:服飾短期大学から新卒採用にて入社。


――株式会社クー様で働くきっかけは?

幼い頃からファッション業界に興味があり、進学の際にも服飾が学べる学校しか考えていませんでした。
そのため、就職活動も迷うことなくアパレル販売の仕事を志望したのですが、その中でクーを志望したのは、個性的で流行に左右され過ぎない姿勢に好感を持ち、自分もそういった感性の中で仕事がしてみたいと思ったのが最も大きな理由です。
また、あまりにも大き過ぎる会社では自分の意志や行動が全体に反映されず、存在意義を見出すことができないのではないかと考えたことも大きかったように思っています。
加えて、展示会などでデザイナーと直に話をする機会が頻繁にあり、商品に込められたコンセプトなどを深く掘り下げることができるということについても、日々の業務に対するモチベーションに繋がっていると感じています。

――実際に働いてみてどうですか?

入社後に配属された「POU DOU DOUペリエ千葉店」は、2018年にオープンしたばかりでゼロの状態からから試行錯誤して店舗を作っています。
入社1年目からそれに関わることができている点では、貴重な経験をさせてもらっていると思っています。

新規の店舗ということで、通常業務の中でも「前例」のようなものが存在せず、自分たちが「前例」になっていくという意識を持って売り場に立つと、日々の業務にもやりがいや張りのようなものが感じられます。

―― 仕事の取り組み方があれば教えてください

オープンして日が浅いので、お客様についても初めてPOU DOU DOUに出会う方が多いです。そんな方々にブランドの魅力を伝えていくことができるという面で、同じく大きなやりがいを感じています。
ただ、自分たちの振る舞いがそのままブランドのイメージになってしまうという点においては、大きな責任が伴っていると感じています。
世の中にアパレルのお店は数え切れないほど存在しています。現在ではインターネットで安く簡単に服を買うことも可能です。
そんな中で我々の店舗を選んで足を運んでいただけることのありがたみだけは常に忘れないように心掛けていきたいです。

――これからの目標は?

自分に会いに足を運んでくださるお客様を増やし、商品だけではなく店舗やブランド自体のファンになっていただけるような流れを作ることができる販売員になっていきたいです!