P.S.FA 池袋本店 販売員 吉川さんへインタビュー

2019.1.8
  • facebook

【MOBAREKI INTERVIEW #10】
株式会社はるやまホールディングスインタビュー第2弾は「P.S.FA (ピーエスエフエー)」は、20代~30代のビジネスパーソンをメインターゲットとして、トレンドを反映した商品を都市部中心に展開しています。
P.S.FA 池袋本店で勤務する主任の吉川さんにお話を伺いました。


吉川 一弥さんプロフィール
勤続年数:4年
現在の役職:販売員(主任)
入社までの経緯:学生時代の時から、「警察官になりたい」という将来の夢がありました。
しかし、試験に落ちてしまったことにより、自分の趣味であり、興味があったファッション関係の仕事を中心に就職先を探すことにしました。
そんな時に私服ではなく、スーツについて詳しく学びたい、スーツをお洒落に着用したいという強い思いがあり、その当時スタッフ募集をしていたはるやまホールディングスと出会い、2014年6月に中途入社。

PSFA尼崎→PSJOY沖縄ライカム店(サブ)→PSFA蒲田東口店(主任)→PSFA池袋本店(主任)

1日のスケジュール
出社→朝礼→店内整理清掃→入荷作業→売場作り→接客や商品の補充→閉店作業→終礼


――株式会社はるやまホールディングス様で働くきっかけは?

紳士服業界に絞って就職先を探していた時に、中途採用の応募をしていたはるやまホ-ルディングスと出会いました。
大学の入学式のスーツを購入したこともあり、自分と馴染みがあり、紳士服業界の中で会社が上を目指す上で「自分の力で少しでも業績に貢献したい」と思ったのがきっかけでした。

――実際に働いてみてどうですか?

自分の趣味や興味があることを仕事としてやっているので、とてもやりがいを感じています。
自分の知識や能力や着こなしなどお客様を通じて、社会に貢献できて、お客様と一緒に商品を選ぶ際に、お客様の求めている物や、悩みや不安をしっかりと聞き、思いやりを持って行動しています。
接客が終わった際、あるいは商品の引き取りの際に「ありがとう」と感謝された時はやりがいを感じ、これからもまた一生懸命頑張ろうと思えます。

―― 働いている中で嬉しかったことは?

自分が掲げた目標やノルマを達成できた時です。
自分ではできないと思っていても、いざ真剣に向き合い、日々努力してやってきたことにより、目標やノルマを達成できて良い結果を出せた時が嬉しいです。
本当に前向きに最後まであきらめない考えは大事です。

――逆に大変だったことは?

新店勤務で約二年間沖縄県にいたことです。
私は関西出身で、人生で初めての一人暮らしで、今まで一緒にいた家族や友人や仲間とも離れ、人柄、環境、気候、文化など様々な面で違いがある場所にいたので、本当に大変でした。
お客様も日本人だけではなく、外国人のお客様も多くて毎日が大変でしたが、でも外国人のお客様と接客することに回数を重ねる事により少しずつ慣れて対応できるようになり、販売員として良い経験ができました。
仕事や私生活を通していろいろと大変でしたが、自立する力を身につけて、精神的も強くなり、人間としても成長できたと思っています。

――仕事で心がけていることは?

一言でまとめると全力で仕事に取り組むことです。
仕事をしていれば、良い時もあれば、悪い時もあります。それは人生に置き換えて考えても一緒です。
良い時は現状に満足せず、より向上心を磨き、悪い時は腐らずに必死に努力して、気持ちを切り替え、前向きに考えて行動するように心がけています。

――復職やママさん販売員(スタッフ)として働きたいと思っている方へアドバイスなどお願いします。

販売経験未経験の方でも働けます。
スーツに興味があって、人と話すことが好きな方や仕事を通じて人の役に立ちたいと考えている方にお勧めします。
仕事の流れや作業はスタッフが一から丁寧に教えるので安心して働けます。
ある程度シフトも融通が利いて休みも取得できるので仕事と家事・育児を両立できやすいです。

――休日は何をしていますか?

基本的にショッピングに出かけることが多いです。
自分の欲しい商品を見に行くことが主な目的ですが、今のお仕事を始めてから、他店のDSPや商品の配置の仕方、人気商品やトレンドの確認、またどんな商品を展開してお店に並んでいるのかをチェックしています。
また友人や職場の人と居酒屋に行ったりしていますね。