【特別版(前編)】ストライプインターナショナル 髙橋千里さん WORK STYLE

2019.3.18
  • facebook

【MOBAREKI INTERVIEW 特別版(前編)】
今回はMOBAREKIインタビュー特別版!ライフスタイル&テクノロジーを事業領域として、earth music&ecologyなどを展開するストライプインターナショナルに勤務する髙橋さんの1日に密着インタビューさせていただきました!「ワークスタイル」と「ライフスタイル」の2回に分けてお届けします。


髙橋 千里さんプロフィール
生年月日:7月11日
現在の役職:一般社員
入社までの経緯:京都外国語大学外国語学部フランス語学科→株式会社メイクアップ→バンタン大阪校→株式会社ストライプインターナショナル入社→現在に至る

働き方、1日のスケジュールなど:

9:00 始業開始
9:00-9:30 メールチェック
9:30-11:00 販促物制作進行

11:00-12:00 来客(販促物相談)
12:00-13:00 ランチ
13:00-14:00 撮影準備
14:00-15:30 施策会議
15:30-16:00 施策POP作成&店舗へ配信
16:00-17:00 来客(販促物相談)
17:00-18:00 販促物制作進行
18:05 退社


取材班:髙橋さん、やっと念願叶っての密着取材!ありがとうございます!

髙橋さん:えっ!?念願だなんてうれしいです!ありがとうございます!

取材班:はい!取材班と髙橋さんはいつもは店頭の販促物を企画、製作する際に色々とお仕事させていただいています。
一緒にお仕事させていただいて本当にバランスがいいと言うか、仕事もお休みも楽しんでいらっしゃるので是非取材させていただきたいとお願いさせていただき、快諾していただきました!

髙橋さん:私でよければ喜んで!

取材班:ありがとうございます!私、髙橋さんが入社以来ずっとお仕事させてもらってますが髙橋さんのお仕事に取り組む姿勢は絶対にこれから社会人になろうとしている人、今仕事やプライベートで悩んでいる人の参考になると思うんですよ。
とにかく、バランスがいいというか、リフレッシュの仕方なんかが本当に上手!だから仕事にも無駄が無い。なので早い!なぜそんな風に活躍できるのか、今回はその秘訣を探るべく、お仕事している髙橋さん、お休みの時の髙橋さんと2回に分けてご紹介させていただきます。そして密着させていただきます!

髙橋さん:わかりました!よろしくお願いします。

取材班:では早速!今回は「ワークスタイル」編ということでお仕事内容等々を伺っていきたいと思うのですがまずは一日の流れを教えていただけますか?

髙橋さん:朝は遅くても始業開始の20分前には席に着いていますね。朝ごはんは必ず食べます。ランチは週3でお弁当持参(作り置きおかず)、週1koe greenのサラダ、週1は外食といった感じですかね。
弊社は残業に厳しいので18:05にはほぼ退社します。家に帰って軽くご飯を食べて、すこし休憩した後ジムで運動。会社から皇居が近いので会社で着替えて皇居ランをしたりフットサルをしたりする日もあります。23:00にはほぼ就寝しますね。

取材班:凄いですよね!お客様にこんなこと言ったら失礼だとは思いますが、、、、しっかりしてらっしゃる!

髙橋さん:そんなことないですよ!でもちゃんと時間内に必要なことが終わるように段取りをつける意識はしていますね。

取材班:それが難しいんですよね。ちなみにストライプさんで働こうと思ったきっかけは何ですか?

髙橋さん:新卒で化粧品やボディケアを取り扱う会社でプレス&販促を約3年務めるなかで、より多くの自社の商品を世に送り出すこと・良さを伝えることの楽しさを感じました。
元々ファッションが好きでアパレルへの転職を考えたんですが、アパレルでの経験も知識も無かったため、バンタン大阪校の社会人コースに入学して、働きながら1年間毎週日曜日、朝から晩までデザインやパターン&ソーイングを学びました。
学ぶ中でアパレル業界への関心がより高まり、ストライプの入社後本部配属になる前に、梅田にあるearth music&ecology HEP FIVE店で接客研修を受けました。
アパレルだけではなくメチャカリなどのレンタルサービス、koeのような飲食を伴うショップなど、新しいことにどんどんチャレンジしていく社風に未来を感じ、入社を決めました。

取材班:私も化粧品会社のお客様がいらっしゃいますがアパレルとはまた違って薬事法や成分とか覚えるもの、ことが多いですよね。それを短期間で覚えて商品化に合わせてプレスリリースしていかなければいけない。本当に効率的にやっていかなければ間に合わない。
そういった経験が今に生きているんだと思います。髙橋さんが今までそういった経験から得た大切なものってなんだと思いますか?

髙橋さん:そうですね、とにかくコミュニケーションを取ることかなと。社外の取引先であればメールだけで終わらせず電話をする。仕事の内容以外だけではなくて世間話も交え、その人個人との関係を深められるように心がけていますね。
社内の場合も、メールや内線ではなく、なるべく直接席に伺ってお話をするようにしています。この人のためなら動きたいと思ってもらえるような人になりたいと思って行動していますよ。

取材班:この回答が出てくるって凄い!本当にその通りだと思いますよ!とにかく相手を知るって本当に大切ですよね。そしてそういった会話の中に仕事のヒントとかがあったりする。また、日頃のコミュニケーションが困ったときの自分を助けてくれると思います。
ちなみに私もよくお食事をご一緒させていただくのですが、まあ仕事の話はほとんどしないですよね。

髙橋さん:しないですね。打ち合わせの時も本題からはずれて雑談が多くなることもありますよね。

取材班:雑談が盛り上がりすぎて、何の話をしていたか忘れてしまう時もありますね。

髙橋さん:この間はお互い好きなアーティストのライブに私が行った時の話をしてましたね。セットリストとかお伝えして盛り上がりました!

取材班:あっ、そうでしたね!でも、そういったコミュニケーションから信頼関係って生まれてくると思うんですよ。やっぱり髙橋さんが困ったってなった時はなんとかしようと思いますもん。


髙橋さん:ありがとうございます!日頃の無駄に思える時間が実は無駄じゃないってことですね!

取材班:本当にそうだと思います!それとね、そんな中でもやっぱり確認事項をちゃんと消化しているからミスも少なそう。
何か失敗談とかってあるんですか?

髙橋さん:ありますよ!earth music&ecologyは店舗が約300店舗ほどあり、販促物のサイズもお店の坪数や形状によってばらばらなんです。入社してすぐそのリストがテレコ(入れ違い)になり、全店にばらばらのサイズのパネルが納品されてしまって。。
100店舗近くに店間指示(お店同士で交換すること)をかけ、近隣の店舗には電車で手持ちで運び、、、店舗に迷惑をかけてしまい、申し訳ない気持ちで一杯でした。なので今でもその教訓を活かして依頼販促物のリストには細心の注意を払っていますよ。

取材班:結構ハードなトラブルですね。でも今髙橋さんからもらうリストは本当に精度が高い!ちゃんと経験を活かされているってことですね!では、今回は「ワークスタイル」編なので同じような業界を目指す方へ一言お願いできますか。

髙橋さん:ファッション業界って日々変化していて、より新しい情報をキャッチしながら仕事をするってとても刺激的で楽しいです。日中の大半は仕事ですし、どうせ働くなら自分の好きな業界に身を置く方が良いと私は思います。
もちろん前のお仕事の経験があって気がついた部分もあります。だから今やっていることは決して無駄ではありません。そして服が好き、新しいことが好きという方は、ぜひアパレル業界にチャレンジしてみてください!


取材班:ステキなアドバイスありがとうございます!本当にしっかりされてらっしゃる!私も見習いたいと思います!では次回はプライベートについてお伺いさせていただきますね!

髙橋さん:はい、承知しました!

次回、髙橋さんのリラックスの秘密、趣味や、大好きな猫のお話などプライベートなお時間を少し覗かせていただきます!
第二弾「ライフワーク」編もお楽しみに!