【特別版(後編)】ストライプインターナショナル 髙橋千里さん ライフスタイル

2019.4.8
  • facebook

【MOBAREKI INTERVIEW 特別版(後編)】
MOBAREKIインタビュー特別版の後編。ライフスタイル&テクノロジーを事業領域として、earth music&ecologyなどを展開するストライプインターナショナルに勤務する髙橋さんの1日に密着インタビューさせていただきました!今回は髙橋さんの「ライフスタイル」にフューチャーしてお届けします。


髙橋 千里さんプロフィール
生年月日:7月11日
現在の役職:一般社員
入社までの経緯:京都外国語大学外国語学部フランス語学科→株式会社メイクアップ→バンタン大阪校→株式会社ストライプインターナショナル入社→現在に至る


取材班:髙橋さん、ライフスタイル編もよろしくお願いします!

髙橋さん:こちらこそよろしくお願いします!

取材班:今回はインタビュー後編としまして髙橋さんのプライベートのお時間を頂戴してOFFタイムの過ごし方をお聞きできればと思います!まずは、大阪ご出身ということで単身東京での生活についてお伺いしたいなと思います。
どうでしょう?いいところ、大変なことなどありますか?

髙橋さん:そうですね、東京に来てよかったなと思うのは、やはりあらゆる最新の情報が集まっていて、いろんなイベントに参加できるところですね。今世間で流行しているものがすぐに入ってくる感じがします。
ただ、東京にいると東京が全てであるような錯覚に陥っちゃう(笑)なので自分の感覚に地方とのギャップが生まれないよう気を付けています。ストライプは全国にお店があるので、特に…ですね。
大変なことは、当然ですがなんといっても家賃が高い…かわいいお店も楽しいイベントもたくさんあるので、お金を使う機会が多いんです。そうするとどうしても家賃が重く圧し掛かってしまいます。ですが、当社では家賃補助の精度がありその分趣味にお金を使えるので、とても助かっています!

取材班:高いですよねぇ(笑)ちなみに東京23区の1Kの平均が9万円程度だそうです。地方なら2LDKに住めますよね。私は東京出身なので逆の経験があって、京都に住んでいたことがありましたが1Kで5万程度でしたね。
まあ昨今値段が上がっているとはいえ、東京は高い印象がありますね。でも仰るとおり、東京はあらゆるトレンドの発信拠点ですよね!もちろん良いことばかりではないですがやはりそういったものに触れる機会があるのは東京に住んでいる特権だと思いますよ。

髙橋さん:そうですよね。おいしいご飯もたくさんあるし…やはり楽しめる場所が多いなと感じますね。

取材班:そうそう、どこに行ってもおいしいお店がありますよね。お休みの日はそういうお店に行ったりしてリフレッシュするのでしょうか。

髙橋さん:行ったりもしますけど、映画をみることと小説を読むことが好きなので、主にその2つの過ごし方が大半を占めていますね。週に映画は3~4作品みて、小説は1~2冊読みます。想像の世界が好きなので。

取材班:そうなんですね!意外とインドアなんですね!この前ライブの話を伺っていたのでてっきりアウトドアなのかと思っていました!

髙橋さん:いえ、そういうわけではないんですけどね(笑)もちろん音楽も好きなので、夏はよく野外音楽フェスに行きますよ!今年もフジロックに3日間行きました。

取材班:凄いアウトドアじゃないですか!そして体力も凄い!私も20代のころはap bank fesに3日間行ったりしていましたが今はさすがに無理(笑)1日でもきついくらいです。でもそういう楽しみなイベントがあるからこそ日々の業務を頑張れるというのも、ありますよね。

髙橋さん:そうです!やはりいいお仕事をするためには充実したお休みがないとですよね。インドアでもアウトドアでもとにかくリフレッシュする時間をちゃんと作るようにしていますね。会社がそういった環境を作ってくれているのもあるので大変ありがたいですね。

取材班:とっても大切なことですよね。そういえばご実家に帰ることはないんですか?

髙橋さん:もちろんありますよ。私、実家大好きですし!連休があると帰りますね。実家で飼っている猫と一緒に遊んだりお昼寝をしたりします。「こむぎ」という名前で、保護団体から引き取った猫なんですが人懐っこい愛らしい猫なんですよ。

取材班:あっ、そういえばストライプさんって社員紹介パネルが社内に貼ってありますがそこに猫と写っていましたよね?あのこがこむぎちゃんですね!

髙橋さん:そうです!あのこです!癒されますよ~

取材班:髙橋さんって本当に色々な休日の過ごし方をされていますね。多趣味というか行動力があるというか。それがいい意味でお仕事にも繋がっている気がします。コミュニケーションをとるのに経験や情報量って必要不可欠ですからね。
ちなみにそんな行動派の髙橋さんが今はまっていることはありますか?

髙橋さん:実は今まであまり運動をしてこなかったので、先ほども言いましたが最近は終業後に皇居ランをしたりジムに行ったりして体を動かすようにしています。汗をかくことは気持ちがいい!そして何より体力作りにもなるので、今後も続けていきたいと思います。

取材班:フットサルもされていますもんね。

髙橋さん:はい、まずやってみるって気持ちは大切だと思いますね。新しいことをするのは大変ですがやってみないとわからないと思うのでなんでもチャレンジしてみようとは思っています。

取材班:まさにその通りだと思います。今日ご一緒させていただいてやはり髙橋さんに取材をさせてもらってよかったと思いました!今悩んでいる方やこれから新しい環境に身をおこうとしている方にとってとても参考になるお話を頂戴できたと思います。

髙橋さん:ありがとうございます!少しでも参考やきっかけになってくれるのであればありがたいです。


取材班:なかなか仕事とプライベートの両立って難しいと思うんですよ。どうしてもどちらかに偏ってしまう方って多いと思うんです。そんな方に是非髙橋さんのこの絶妙なライフワークスタイルを知っていただければと思いました。
ある事象に対して何か吸収してやろうという意識を髙橋さんからは感じます。これ、凄く大切で仕事でも遊びにもどちらにも言えると思います。その吸収したことが時間の使い方に活かされてバランスの良いライフワークスタイルが構築されているんだと思います。
こちらとしてもそういった側面を今日伺えて本当によかったです!ありがとうございました!そして今後ともよろしくお願いします!

髙橋さん:ありがとうございました! こちらこそよろしくお願いします。


取材後記:
髙橋さんとはブランド販促のお仕事で長年お付き合いさせていただいております。初めて会った時の印象は「物静かそうだな、ブランドの成長スピードについていけるかな」という感じでしたがその印象が良い意味で見事に裏切られました
とにかくバランスがいい!お互いミスがあっても取り戻すだけの時間の猶予をもっていたり費用的な部分の調整などあげたらきりがないのですが、受け手側の私としては本当にお仕事しやすいです。
また、先にもお伝えしましたがお仕事の話をすることよりもプライベートのお話をさせていただく機会の方が多く信頼関係の作り方も非常に上手だなと感じました。
たまにお食事に行っても仕事の話は本当にしません。好きなアーティストや愛猫のこむぎちゃんの話ばかり。そして時々恋愛トーク。話は盛り上がり尽きることはありません。
髙橋さん的には会社を出たらプライベート。もう切り替えてらっしゃるんだと思います。

ONとOFFの切り替えとコミュニケーション力。恐らく髙橋さんはこの能力が抜群に高いんだと思います。これって気が付かないかもしれませんがどんな方でも身に付けられると思うんです。
仕事っていいことばかりではないですよね。その時どうやって切り替えるか、どういう人が周りにいて支えてくれるか。そしてそうやって助けてくれる人をどうやって作っていくのか。
それが楽しく働く、楽しく遊ぶ秘訣だと思います。今回の髙橋さんのインタビューで少しでもヒントになってくださる方がいらっしゃったら幸いです。