大人の隠れ家Bar×Bar×Bar WATARASE

2018.7.2
  • facebook

バー(カクテル)×バル(ワイン)×バール(コーヒー)と渡良瀬川を楽しむことができるBar×Bar×Bar WATARASEのオーナー藤倉さんのご紹介

足利市駅より渡良瀬川にかかる中橋を渡ってすぐのシャインビルの五階。そこからは渡良瀬川・中橋・渡良瀬橋を望むことができ、まさに山紫水明。そこに店を構えるBar×Bar×Bar WATARASEのオーナー藤倉正法さんにお話を聞きました。


Bar×Bar×Bar WATARASE

Owner 藤倉 正法(Masanori Fujikura)

経歴紹介

・栃木県足利市生まれ、足利育ち
・都内の大学卒業
・大学卒業後オーストラリアへ語学留学
・都内・足利市内の企業にて営業職を経験
・独立を目指し埼玉県熊谷市の飲食店に転職
・飲食店の業務に従事しながら様々なカクテルコンペティションに参加
・ビーフィーター・グローバル・バーテンダー・コンペティション日本大会優勝
同世界大会おいて上位8名が進出することができるファイナリストに日本人として初めて選出される

公式HP

https://www.barwatarase.com/

受賞歴

・サントリーカクテルアワード 2016 ファイナリスト 入選
・ビーフィーター・グローバル・バーテンダー・コンペティション2016日本大会 優勝
・ビーフィーター・グローバル・バーテンダー・コンペティション2017世界大会 ファイナリスト TOP8

資格

・日本バーテンダー協会認定 バーテンダー
・日本ソムリエ協会認定 ソムリエ
・日本バリスタ協会認定 バリスタ

 

――まずはじめに、なぜバーテンダーになろうと思われたのですか?

正直、バーテンダーになろうと思ったことはありません。今まで、カフェ店員の一つの業務として、カクテルを作っている中で、バーテンダーの大会に出場し、優勝したことで、多くの方が僕をバーテンダーと認識したと思います。しかし、僕個人としてはこれまで、バーテンダーという職業についたこともありませんし、特にバーテンダーという職業に対するこだわりはありませんでした。僕は、飲食業という業態のくくりで独立したいと考えていたので、美味しいものを作ってお客様に食べていただきたいという思いは常に持っています。

――なぜ足利(栃木)に店を構えようと考えられたのですか?

地元の足利が好きだからです。この街の景色が僕はとても好きです。ずっと、渡良瀬川が見える場所でお店をやりたいという思いは持っていました。それは、僕が地元のために何ができるだろうかという事を考えてきた結果です。

――Bar×Bar×Bar WATARASEの出店を足利市のこの場所にした理由をお聞かせください。

僕は、渡良瀬川は足利市民にとって軸のような存在だと思っていますし、街の中心であり、象徴でもあると思っています。渡良瀬川がなかったら、足利市の魅力は半減してしまうとも思っています。それくらい、渡良瀬川は魅力的な場所です。この素敵な景色を市民以外の方にも知ってもらいたいと思っていました。

――藤倉さんにとって店を出すということは目標の一つだったと思います。Bar×Bar×Bar WATARASEを通じてお客様にどのようなことを伝えたい・知っていいただきたいですか?

足利市の魅力を知ってもらいたいですし、地方を盛り上げる人が増えてくれたらいいなと思っています。地元への無償の愛というのは、少なからず誰もが持っているものだと思います。

――藤倉さんがバーテンダー・ソムリエ・バリスタとしてお店に立たれ、接客されるわけですが接客される中で、一番大切にしている心得を教えてください。

お客様に楽しんでもらう事です。美味しいものを食べて、飲んで、その時間を楽しいと感じてほしいといつも思っています。

――Bar×Bar×Bar WATARASEをどういうお店にしていきたいですか。

地元の人に愛され、また観光客の方々にとっては、足利に来る一つの理由になるようなお店にして行きたいと思っています。

――取材後記

バー(カクテル)バル(ワイン)バール(コーヒー)そして渡良瀬川の雄大な景色を楽しむことができる『Bar×Bar×Bar WATARASE』。
このお店のマスターの藤倉氏はかねてより、生まれ育ったこの足利の地に自分の店を持ち、足利に恩返しをしたいと考えていた。その想いが形となったのが『Bar×Bar×Bar WATARASE』である。
店内に入りまず目に飛び込むのは雄大な渡良瀬川とそこにかかる中橋、その奥に渡良瀬橋。常に川と橋が足利の人々の生活の中心あり、人々の生活を支えてきた。
「この店に来ていただいたお客様に、是非この風景を楽しんでいただきたい。」と藤倉氏は語る。

このお店のマスターである藤倉氏がおすすめするのはジンベースのカクテルだ。大手メーカーのジンから藤倉氏が厳選したクラフトジンまで、様々なジンが楽しめる。

なかでも私がお勧めしたいのは、クラウディ・ブルームーンとコールドブリュー・ジントニックである。ともにジンベースのスタンダードカクテルにバーテンダーでもある藤倉氏がアレンジを加えたカクテルだ。
クラウディ・ブルームーンはジンをベースにスミレリキュール、自家製クリアライム、卵白、自家製ラベンダービターズ等を加え、カーボネートシェーカーといわれる炭酸を液体に注入できるシェーカーでシェークしたものだ。スミレの甘い香りとライムのほのかな酸味、そこに微炭酸のアクセントと卵白のやわらかな口当たりは店内から望める橋と月とあいまって、少しセンチメンタルな気分にさせてくれる。
コールドブリュー・ジントニックはジントニックに浅煎りコーヒーとコーヒーの酸味とマッチするようザクロシロップを加えたカクテルだ。これから蒸し暑くなる季節にリフレッシングさせてくれる一杯である。
70年代のコンテンポラリーなソウルミュージックをBGMに、藤倉氏の作るカクテルと渡良瀬川の自然・そこにかかる橋のコントラストが、日常から解き放たれた大人の空間を演出する。

足利に足を運んだ際には、Bar×Bar×Bar WATARASEに立ち寄り、その日の余韻に浸りながら少し背伸びをした大人な時間を楽しまれてはいかがだろうか。

お勧めの時間

サンセットタイム(マジックアワー)~21時
サンライズタイム

紹介したドリンク

クラウディ・ブルームーン  1,200円(税抜)
コールドブリュー・ジントニック  1,100円(税抜)

アクセス

https://www.barwatarase.com/access/#map

ご予約

https://www.barwatarase.com/reservation/