マンネリから脱却!家族で楽しめるごはん

2020.6.12
  • facebook
自粛生活も長くなり、毎日のごはんもマンネリ化されてきた方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんなマンネリ化を脱却し、かつ家族で楽しめるごはんのレシピについてご紹介します。

●すしレシピ


『たんぽぽちらし』

【材料(4人分)】

卵…3個

すしめし(市販の具入りすしめしの素で作る)…500g

鮭フレーク…大さじ3

きぬさや(下茹でして千切り)…2枚

かまぼこ(好みの型で抜く)…少々

きゅうり(スライスして千切り)…1/4本

サラダ油…少々

【作り方】

①薄焼き卵を作る
フライパンにサラダ油をペーパータオルで薄く塗り、茶こしでこした溶き卵1個分を流し入れる。ふたをして中~弱火で1~2分焼いて火を止め、しばらくそのままにして火を通す。

②薄焼き卵で花を作る

①を取り出して半分に折り、長方形になるように余分な部分を切り落とす。
わの部分に細かく切り込みを入れ、端からくるくる巻いて花を作る。残りの卵2個分で①と同様に薄焼き卵を作り、細かく切って錦糸卵にする。

③すしめしに盛り付ける
器にすしめしを盛り、上に②の錦糸卵を広げて鮭フレークをのせる。
真ん中を少しくぼませて②の花をのせ、周囲にきぬさやを飾る。錦糸卵の上にかまぼこ、すしめしのまわりにきゅうりを散らす。

『蒸し魚のまぜずし』


【材料(4人分)】

白身魚の切り身(たらなど)…150g

きゅうり(薄切り)…1本

わかめ(もどして水気を絞る)…3g

いり卵(好みで塩、砂糖で味付けをする)…卵1個分

ご飯…2合分

すし酢…40ml

酒、塩…各少々

白いりごま…大さじ2

のり(細切り)…1/2枚

【作り方】
①白身魚をレンチン
白身魚に酒と塩をふり、ラップをかけて電子レンジで3分ほど加熱する。

②具材を準備する
きゅうりは塩もみをする。

③すしめしに混ぜ込む
ご飯にすし酢を混ぜてすしめしにし、わかめ、いり卵、白ごま、ほぐした①、②を混ぜる。
皿に盛り、仕上げにのりをのせる。

●ホットプレートレシピ


『明太ポテト&ベーコンチーズピザ』

【材料(直径25cm1枚分)】

ピザの生地(市販)…1枚

じゃがいも…2個

明太子…1/4はら

ベーコン(幅2cmに切る)…2枚

ピーマン(縦に細切り)…1個

玉ねぎ(縦に薄切り)…1/4個

しめじ(石づきを取って小房に分ける)…1/4パック

ピザ用チーズ…適量

〈A〉
・ケチャップ…大さじ3

・オリーブ油…大さじ1/2

・にんにくのすりおろし…1/2かけ分

・粗びき黒こしょう…小さじ1/2

・パセリのみじん切り…少々

・マヨネーズ…大さじ2

・塩、こしょう、サラダ油、パセリ(みじん切り)…各少々

【作り方】

①下準備をする
じゃがいもはまるごと蓋つきの耐熱容器に入れて電子レンジで3~5分加熱し、皮をむいてフォークでつぶす。ほぐした明太子、マヨネーズ、塩、こしょうを加えて混ぜ、明太ポテトを作る。Aを混ぜ合わせ、ピザソースを作る。

②生地に具をのせる
ホットプレートにサラダ油を薄くひいて、生地を敷き、ピザソースを塗る。
半分には明太ポテトを塗り、もう半分にはベーコン、ピーマン、玉ねぎ、しめじをバランスよく並べる。全体にチーズを散らし、明太ポテトの上にパセリをふる。

③アルミホイルをかぶせて焼く
火が通りやすいように、野菜の上にアルミホイルをかぶせ、その上からふたをして180℃で12~15分焼く。
※明太ポテトはこのピザ2枚分の量ができます。残ったら、ピザ用チーズをのせてオーブントースターで焼いてグラタン風にしたり、パンに塗ってもおいしく食べられます。

『とん平焼き』

【材料(4人分)】
キャベツ(太めの千切り)…5枚
豚バラ薄切り肉(半分に切る)…3~4枚
卵…3個
塩、こしょう…各適宜
お好み焼きソース、マヨネーズ…各適量
かつお節…少々
万能ねぎ(小口切り)…適量
サラダ油…小さじ1

【作り方】
①キャベツを炒める
ホットプレートを160℃に設定してサラダ油をひき、キャベツを入れて塩、こしょう各少々をふって炒め、取り出す。

②卵を流し込んで焼く
ホットプレートに豚肉を広げ入れて両面を焼く。卵を溶いて塩、こしょう各少々を加え、豚肉の上から流し込む。
卵を全体に広げて①のキャベツを戻し入れ、表面が乾いたら半分に折りたたむ。
③調味する
スイッチを切り、お好み焼きソースを全体に薄く塗り広げる。さらに線を描くようにマヨネーズをかけ、万能ねぎをたっぷりとのせ、かつお節をふる。

●鶏むね肉レシピ


【材料(4人分)】

鶏むね肉(一口大のそぎ切り)…1枚(300g)

〈A〉

・にんにくのすりおろし…1かけ分

・しょうゆ…大さじ3

・砂糖…大さじ1

・片栗粉…適量

・黒いりごま…大さじ2

・揚げ油、貝割れ菜(あれば)、マヨネーズ…各適量

【作り方】

①肉にたれを漬ける

鶏肉は、切れないように注意しながら包丁の刃でたたく。Aをもみ込み、20~30分漬けこむ。

②フライパンで揚げる

片栗粉、黒ごまをまぶして、高温(180℃)の揚げ油でカラリとするまで揚げる。

貝割れ菜、マヨネーズを添える。

今回紹介したレシピを参考に、自粛生活の食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(参考文献)
・「サンキュ!」1月号(第14巻第9号)、ベネッセコーポレーション、2009年12月2日
※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません
[文/構成:ココカラネクスト編集部]

こちらの記事は、「CoCoKARAnext」コンテンツから転載をしております。