姿勢改善で細見え!?スポーツトレーナーが実践「肋骨ストレッチ」

2020.9.11
  • facebook

世界で活躍するアスリートのコンディショニングやトレーニングをサポートしている、スポーツトレーナーに、上半身の姿勢改善に効果的なストレッチを教えていただきました。
肋骨が引き上がり、美しい姿勢が維持できるようになると、ウェストが細く見えるように。
また、深い呼吸を意識することで自律神経が整い、満腹中枢が正常に働くようになって、食べすぎの防止にも繋がります。

□Step.1

左脚が前にくるように、あぐらをかく。座骨がしっかり床についていることを意識する。

□Step.2

手を組んで真っすぐ上に。背中が丸まらないように、耳の横に腕がくるようなイメージで、右側に倒して5呼吸。正面に戻す。

□Step.3

脚を組み替えて、右脚が前にくるように、あぐらをかく。
手を組んで真っすぐ上に。背中が丸まらないように、左側に倒して5呼吸。正面に戻す。

□Step.4

腕を組んだまま、前に倒す。お腹にボールを抱えるように丸まり、背中全体の伸びを感じて5呼吸。
状態を起こす。

□Step.5

腕を後ろで組んで、胸を開く。肋骨を引き上げ、胸にたっぷり空気を送り込むようなイメージで5呼吸。

肩に力が入ってあがらないように注意しましょう。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

スポーツトレーナー 堤 由輔(つつみ・ゆうすけ)

コンディショニング、トレーニング、リハビリ、機能解剖学や栄養学など、幅広い知識を持ち、国際大会への帯同実績もある。また、肩凝り腰痛など、慢性的な不調を改善する施術も得意としている。
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
TPI認定ゴルフフィットネストレーナー
JGFO認定ゴルフフィットネストレーナー
EBFA公認ベアフットリハビリスペシャリスト
IHTA認定メディカルトレーナー
食アスリートジュニアインストラクター
HP:https://www.jumpoutsports.com/
オンラインサロン:https://community.camp-fire.jp/projects/view/174227

こちらの記事は、「CoCoKARA next」コンテンツから転載をしております。