ぐっすり眠るために!スポーツトレーナーが実践「首・肩のストレッチ」

2020.9.25
  • facebook

世界で活躍するアスリートのコンディショニングやトレーニングをサポートしている、スポーツトレーナーに、良質な睡眠を取るために、寝る前におすすめのストレッチを教えていただきました。

身体をリラックスさせるだけでなく、慢性的な肩や首の凝りに直接アプローチするため、猫背やストレートネックの方、PC・スマホの使用時間が長い方にも、ぜひ取り入れていただきたいストレッチです。

□ Step.1

鎖骨の下に手をあて、皮膚を押し下げるように引っ張ったまま、首をゆっくりと後ろに倒す。

□ Step.2

首を後ろに倒した状態のまま、口を開けたり閉じたりして、首前側の皮膚をしっかりと伸ばす。20秒ほどストレッチをしたら、首を戻す。

□ Step.3

頭の後ろで手を組み、首を前に倒す。ゆっくりと呼吸をしながら20秒キープし、首を起こす。

NG:首を前に倒している時は、背中が丸まらないように注意する。

□ Step.4

右手を頭に、左手は背中側から右腰へ。ゆっくりと頭を右側に倒して、左首の皮膚を伸ばす。ゆっくりと呼吸をしながら20秒キープ。反対側も同様に。

― ポイント ー

呼吸を止めず、息は最後までしっかりと吐き切るようにしましょう。
息を吐いている時に、副交感神経が優位(リラックスした状態)となり、筋肉の緊張がほぐれやすく、痛みなども軽減されると言われています。
また、「気持ち良い」と感じる角度を探して、筋肉を伸ばすように。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

こちらの記事は、「CoCoKARA next」コンテンツから転載をしております。

スポーツトレーナー 堤 由輔(つつみ・ゆうすけ)

コンディショニング、トレーニング、リハビリ、機能解剖学や栄養学など、幅広い知識を持ち、国際大会への帯同実績もある。また、肩凝り腰痛など、慢性的な不調を改善する施術も得意としている。
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
TPI認定ゴルフフィットネストレーナー
JGFO認定ゴルフフィットネストレーナー
EBFA公認ベアフットリハビリスペシャリスト
IHTA認定メディカルトレーナー
食アスリートジュニアインストラクター
HP:https://www.jumpoutsports.com/
オンラインサロン:https://community.camp-fire.jp/projects/view/174227