NEROLIDOL ー 植物のある暮らしと装いを ー

2019.12.27
  • facebook

下北沢の沿道沿いにあるオシャレなお花のアトリエ兼お店「NEROLIDOL」。オーナーの猪飼牧子さんはちょっと変わった経歴の持ち主。(Vol.1参照)こちらのコラムでは猪飼さんと「NEROLIDOL」のご協力を得て普段の何気ない生活にちょっぴりアクセントをつけてくれるお花を通して、皆様の明日の活力、またお仕事への取り組み方をご紹介させていただきます。

Vol.12 体験取材 お正月を自分でつくったしめ縄飾りで迎えませんか?

今回はお店取材第11弾、「しめ縄飾りの季節の植物教室」の体験取材をさせていただきました。


取材日は12月中旬。
そろそろ本格的な寒さを感じるところですが、冬空から太陽がそっと照らしてくれ、暖かさも感じた日。
1年を締めくくるにふさわしい「しめ縄飾り」をつくりました。

今回は2人の生徒さんに男女のスタッフがご一緒させていただきました。

季節の二十四節気、七十二候のお話

はじめに牧子さんから季節のお話を伺いました。
12月22日より、二十四節気は冬至です。
一年で一番日照時間が少ない冬至は太陽の力が弱まり、最も「陰」極まる日。この日を境に「陰」から「陽」へ変わり少しずつ昼の時間が伸びできます。
寒い冬の後には必ず春がくることを感じさせてくれました。

デザートの紅白求肥餅づくりからスタート

ハイビスカスの餡からつくっていきます。

白あん粉に砂糖、塩少々を入れハイビスカスティーを加えて、だまが無い状態にしてから火にかけます。


ハイビスカスの赤い色からだんだんと紫色っぽくなり、とても綺麗な色の餡が出来上がりました。
「皆さんにハーブを身近に感じてほしい」という牧子さん想いから、ハイビスカスハーブティーを使ったそう。

次に求肥餅をつくります。

水を少しずつ入れながらヘラで、だまを潰しながら滑らかにしていきます。
火にかけるとだんだんお餅になっていきます。
ポイントは、もったりとお餅っぽくなるにつれ下にへばりつくので、それをすぐにとっていくと口当たりの良いお餅になるそう。

出来上がったお餅に粉をまぶしつつ生地を長方形っぽく形成して、あんこを入れて、くるくると包んで出来上がり!

いよいよしめ縄飾りをつくります

はじめに、つくりたいしめ縄飾りの出来上がりをイメージして縦か横かで、つくりたい向きを決めます。
しめ縄飾りには縁起物をいれると良いそうで今回の花材の中にも稲や南天、松がありました。松は門松に使う緑色の若松、少し黄色味がかかった蛇の目松の2種類。南天は、「難を転ずる」意味もあり欠かせない縁起物。
その他の花材は、枝物には、ヒメミズキ・ヤシャブシ。葉物、実物には、ヒバ類・脱色シダ・蓮・松ぼっくり・シャリンバイ・ヘクソカズラ・コットン・ヒカゲノカズラ・バンダの根っこ。花物には、リューカデンドロン・エリンジュームなどがありました。


まずは中心にしたい花材を決めます。

メインが決まったら、両端の重めの稲や松、中心にくる顔の大きい蓮などをワイヤーで巻いていきます。

グルーガンで花材と花材の隙間をバランスを見ながら埋めていきます。

悩んでいると、それを察してすぐにアドバイスをしてくださる牧子さん。
牧子さんの手にかかると植物が生き生きとし見違えるように変わります。


しめ縄飾りの雰囲気が出てきました。



最後にワイヤーの部分を和紙で巻いて出来上がり。


完成!



縦のタイプと横のタイプとそれぞれつくりました。

クールでオシャレな感じの縦型。


可愛らしいイメージの横型。

4人それぞれ個性豊かなデザインのしめ縄飾りができました!

デザートタイム

デザートは、はじめに自分たちでつくった紅白求肥餅。
黒檀の菓子切りが添えられて、お正月にピッタリな素敵なデザートに仕上がっていました。
ハイビスカスの餡はほんのり酸味のあるさっぱりした美味しい餡で集中してつくりあげた作品の労をねぎらってくれるかのようでした。

ーー取材後記ーー

終始和気あいあいとした雰囲気で進んだこの季節の植物教室。「人と人をつなぐ」牧子さんのお人柄でしょうか。男性スタッフもはじめは緊張していたとのことでしたが、出来上がった作品も皆さんからお褒めの言葉をいただき笑顔溢れていました。

12月13日は「正月事始め」といい、お正月の準備にとりかかる日とされています。今回まさに「正月事始め」にふさわしい、しめ縄飾りをつくることができました。
忙しなく1年の中で最も時の流れを早く感じる師走。
そんな忙しい師走だからこそ、新しい年に思いを馳せ、しめ縄飾りをつくるひと時は、なんとも贅沢なお時間でした。

【2019年末年始スケジュール】

詳細はこちら

NEROLIDOL
東京都世田谷区代沢4-42-10
猪飼 牧子

フローリスト
AEAJ認定アロマセラピスト/アロマテラピーインストラクター
JAMHA認定ハーバルセラピスト
エディブルフラワーコンシェルジュ

季節の花束、オリジナルブレンドハーブティー、本物の植物を使用したアクセサリーなどの販売をしながら
フラワーアレンジメント、ハーブ、アロマセラピー、エディブルフラワー(食用花)などの季節の植物の教室を毎月開催しています。
植物が姿を変えながらも、私たちの生活に寄り添ってくれている 《植物のある暮らしと装いを》 お伝えしています。
【Instagram】:makiko_nerolidol